ラミネートをして高級感を保つ|水にも強い

男女

リースするという選択

印刷機

コピー機は経済活動における必需品です

私達の身の回りには様々な情報があり、情報の伝達手段にも色々あります。情報量が少なければ口頭で伝えて記憶することも可能ですが、情報量が増加すると活字として記述してから伝達することが必要になります。活字情報を最初に作るためには人が手作業で行う必要がありますが、同じ内容を複製するために人が手作業で行うことは非常に非効率ですから、コピー機が欠かせません。現在は情報社会と言われるように自らの主張を共同体で共有したり幅広く世間に広めることが重要です。そのため、企業活動において書類の複製等のためにコピー機の利用は業務上不可欠です。従来は企業がコピー機を自社で所有することが一般的でしたが、経費削減の一環としてコピー機のリース利用が増えており、日本経済の現状から今後もこの風潮は続くと見られています。

リース品ですから所有物ではありません

現在のコピー機は非常に高性能です。コピー機の普及と共に価格も下がってきましたが、業務上利用するような性能の製品は購入するならば依然として高額です。その点でリースをすることで導入費用を使わずにコピー機が利用できる事は事業規模か小さい企業にとってもメリットは高いでしょう。リースですから所有権はリース会社にあるので固定資産税もかからず、リース料金は経費として処理できることも税金対策として有効です。しかし、リース契約は年単位であることが一般的で途中解約をしても残金の支払義務が生じます。また、初期投資金額は必要ありませんが、大抵のリースによる支払総額はコピー機を買い取るよりも割高になりますから、今後の経営方針を十分検討してから契約することが大切です。